MindMeisterでマインドマップを作ってアイデアの整理をしよう

ビジネス

あなたはタスク管理やアイデアの整理、プレゼン資料の作成等をする時にどんな方法で行ってますか?箇条書きでTo Doリストを作ってやってる方が多いかもしれませんが「マインドマップ」を使っってやってる方も多いと思います。

マインドマップはイギリスのトニー・ブザンが考案したノートのとり方で紙の真ん中から放射状に枝を伸ばしてキーワードを書き込み、情報を整理したり、発想を広る方法です。

マインドマップの作成ツールは色々とありますが、今回はシンプルでとても使いやすいオススメのツールMindMeister(マインドマイスター)を紹介したいと思います。Mind Meisterは無料でも使用できますよ!

まずは以下の動画わかりやすく解説されているので御覧ください。

第1回 【プレゼン資料の作り方】マインドマップ活用法【ゼロから学ぶITスキル】
スポンサーリンク

MindMeister(マインドマイスター)ってどんなツール?

MindMeisterとは、マインドマップを簡単に作成することが出来て、さらに複数人でデータを共有できるツールです。

インストールは不要でWEB上で使える

MindMeisterはパソコンではWEB上で使用するツールなので、パソコンにインストールする必要はありません。スマートフォンやタブレットではアプリをインストールする必要があります。

非常に操作が軽くサクサクとストレスのなく動いてくれる

WEB上でも使えるように設計されているので、動作が軽くストレスなく使用することが出来ます。スマートフォンやタブレットでも使用してみましたが問題なくサクサクと動作してくれました。

パソコン・スマホ・タブレットと端末を選ばずに使用可能

1つアカウントさえ作ってしまえば、同じデータをパソコン、スマホ、タブレットで共有して使用することが出来ます。データの作成、閲覧が出来ます。

データが自動的に保存される

Googleドキュメントやスプレッドシートのようにデータが自動的に保存されます。そのため自分でデータを保存するといった操作をする必要がありません。なのでデータを保存し忘れて無くしてしまうといったミスが無くなります。

複数人でデータを共有することが可能

マインドマップを共有したい人と同時に同じデータを更新していくことが出来ます。まるで複数人で同じ黒板にマインドマップを描いてるかのように使用することができます。

MindMeister(マインドマイスター)で出来ること

MindMeisterは無料版と有料版で使える機能が変わってきます。

無料で出来ること、出来ないこと

  • 最大3つのマインドマップ
  • リアルタイムコラボレーション
  • メールサポート
  • 画像や動画はWEB上の素材に関しては使用できる。
  • 出力はテキスト形式かMindMeisterの形式のみ
  • 印刷は出来ない
  • ゴミ箱の復元は出来ない

有料で出来ること

パーソナルアカウント

ベーシック内のすべて、また:

  • 無制限マインドマップ
  • ファイル&イメージ添付
  • イメージエクスポート
  • PDFエクスポート
  • マインドマップ印刷

プロアカウント

パーソナル内のすべて、また:

  • 複数チームメンバー
  • 管理アカウント
  • ドメインサインオン用G Suite
  • Wordエクスポート
  • PowerPointエクスポート
  • PDFでプレゼンテションをエクスポート
  • カスタムスタイルと境界
  • マップ用のカスタムテーマ

ビジネスアカウント

プロ内のすべて、また:

  • あなたのチームのグループ
  • コンプライアンスエクスポート&バックアップ
  • カスタムチームドメイン
  • 複数チーム管理者
  • 優先的なメールおよび電話サポート

詳しい比較はプラン別 比較表(公式)を参照

まずは無料版で使用してみよう

作成可能なマインドマップの数

無料プランだと作成可能なマインドマップは3つです。まずは3つマインドマップを作ってみましょう。手始めに自己分析ややってみたい事などを書いてみてはいかがでしょう?

画像や動画の使用について

MindMeisterはマインドマップに画像や動画を埋め込むことが可能です。無料で使用する場合はインターネット上にある画像や動画に限られます。自分ので任意のデータを埋め込みたい場合は動画をYouTubeにアップする、画像をブログにアップする等で対応できます。

エクスポート(出力)や印刷に関して

無料アカウントで使用できるのは以下の2つの形式になります。

  • リッチテキスト形式(.rtf)
  • MindMeister形式(.mind)

画像やPDF形式で出力したい場合や印刷したい場合は有料で使用する必要があります。

ゴミ箱のデータの復元について

ゴミ箱に入れたデータを復元したい場合や任意の状態までUNDOしたい場合は有料プランでないとこの機能を使えません。ちなみに1つ前にもどすUNDOは出来るのでご安心下さい。

WEB共有を使おう!

専用のURLを共有したい人に送ることで、簡単にマインドマップを共有することが可能になります。また編集可や閲覧専用も選択することが可能です。無料プランでも2つまでは共有用のマインドマップを作成可能です。

まとめ

マインドマップは頭の中でぼんやりしているアイデアや思考をメモ書きよりも視覚的にわかりやすく可視化できるツールです。点と点が線につながりますような感じで、文字の羅列だけのメモでは味わえない感覚です。MindMeisterで一度マインドマップを作ってみてはいかがでしょうか?

一度使ってみれば、その良さがわかると思います。まずは無料プランで体験してみると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました